歯医者 , 虫歯治療

むし歯を放置していたら痛みがなくなった、治ったの?相模原古淵の歯医者が解説

むし歯を放置していたら痛みがなくなった、治ったの?相模原古淵の歯医者が解説

虫歯が進行するとどうなるかご存知でしょうか。歯がズキズキ痛くなる?マンガのようにほっぺが腫れる?実は、虫歯が進行すると「痛みが消える」。痛みがなくなると治ったと勘違いしてしまいそうですが、歯のさらに奥では虫歯は広がりしつづけています。

歯の破壊が進んでいるのです。放置していると全身に影響が及ぶリスクも。今回は、虫歯の痛みがなくなる理由を説明します。

虫歯を放置するとどうなるの?

虫歯は、ごく初期のもの以外は自然に治ることがありません。歯を磨いているとき、もしくは何もしていないときにも痛んでいた、虫歯が気づいたら痛くなくなっていた・・・そんなときは「虫歯が治った!」と勘違いしがち。

痛みを感じるのは歯の神経(歯髄)。歯の神経が感じとる虫歯の痛みは、進行すればするほど強くなります。さらに、虫歯が神経まで広がり神経が死んでしまった場合、痛みがなくなるのです。

歯の痛みは虫歯治療の黄色信号

歯がしみたり痛くなるのは、虫歯が歯の最初の層(エナメル質)から2番目の層(象牙質)に達したサイン。エナメル層だけが虫歯の場合、痛みはほとんど感じません。

むし歯が象牙質にまで達すると、冷たいものなどを食べたときにズキズキと痛むようになります。しみたり、ズキズキ痛むのはむし歯の進行をあらわしています。虫歯の状態で言うと黄色信号。我慢をしないで、早く歯医者へ行くことをおすすめします。

重篤な虫歯は歯を失う危険も

虫歯菌がエナメル層・象牙質を通り越し、神経にまで達したあと、さらに神経の奥まで広がります。神経が死んでしまうと痛みを感じ取れなくなり、痛みが消えます。

痛みが消えると虫歯の状態は危険の赤信号!痛みが消えたと思っている間も虫歯は進行します。虫歯がさらに奥まで進行すると、歯以外にも影響を及ぼす可能性が。

たとえば、虫歯が進行し歯の中の細菌があごにまで影響を及ぼすことがあります。あごの炎症(顎骨炎)がさらに広がると、炎症によって出てくる毒性物質が歯肉の血管から全身に入り様々な引き起こしたり悪化し虫歯から全身の疾患へとつながるリスクもあります。

静かな虫歯が一番怖い!定期的な歯のメンテナンスが大切です

仕事や学校が忙しいと、歯のメンテナンスは疎かになりがちですよね。むし歯は初期治療が大切です。痛みを我慢していると食事も満足にできませんし、生活にも影響があります。そして何より怖いのは「歯の痛みがなくなったとき」。静かになった歯の中で虫歯は進んでいます。

虫歯を早期発見するためにも、定期的な検診を受けるようにしましょう。相模原古淵にあるみんなの歯医者では無料カウンセリングを行っています。お口についてのお悩みもお聞かせくださいね。

診療のご予約・無料相談

相模原古淵の歯医者
みんなの歯医者:https://minnano-haisya.jp/

電話番号:042-707-4182


診療のご予約・各種治療のご相談は下記よりお気軽にご連絡ください。

無料カウンセリングフォーム

カテゴリー:歯医者 , 虫歯治療

歯医者 | 虫歯治療の最新記事

© みんなの歯医者