小児歯科 , 矯正歯科

子どもの矯正「Ⅰ期」「Ⅱ期」って何?相模原古淵の歯科

相模原の矯正歯科、みんなの歯医者

子どもの頃に歯がガタガタでも、大人になるとあごも成長しきれいに整うから大丈夫と思っていませんか?きれいに整う場合もあれば、結果的に矯正が必要になることもそれぞれあります。

「子どもの歯並び大丈夫かな」と気になる場合、経過観察・治療のジャッジは歯科医に委ねるのがベスト。矯正治療開始のタイミングを見極めます。今回は小児矯正の治療時期「Ⅰ期」と「Ⅱ期」についてお話しします。

Ⅰ期治療とは?

Ⅰ期治療は主に永久歯が生え揃う時期までの治療のこと。あごの骨の成長が進まず、乳歯よりも大きい永久歯が並ぶスペースが足りないと、歯が重なったりデコボコになったりする生え方になります。Ⅰ期治療の目的は永久歯のスペースを確保するために、土台を整えることです。また、永久歯が生え揃ったあとの抜歯の可能性が低くなることや、Ⅱ期治療がやりやすくなったりするメリットも。

Ⅰ期治療は一般的に6歳ぐらいから始めることができますが、早く始めれば良い、というわけではありませんので歯科医の診断が必要になります。
ケースによっては経過観察でⅡ期からの治療となる場合もあります。

Ⅱ期治療とは?

Ⅱ期治療は、永久歯が生え揃ってから行われる治療です。Ⅱ期治療の目的は成人矯正と同じく歯並びを整えることです。開始時期は小学校高学年~中学生で、すべて永久歯になってからがスタート。

乳歯のうちにⅠ期治療で土台を整え(もしくは経過観察)、Ⅱ期の治療で歯並びを整える流れになります。乳歯の時期にⅠ期治療をすると、歯が並ぶ土台が整っているので、永久歯を抜歯する可能性も低くなります。また、Ⅱ期治療の期間を短縮できたり費用を抑えることができます。

Ⅰ期治療が終わると、すぐにⅡ期治療に入るかというとそうではありません。ケースによっては数年待つ場合も。治療計画については、歯科医と相談し慎重に進めていきましょう。

小児矯正のメリット

永久歯に生えかわる前、いわゆるⅠ期に歯科医に相談すると「経過観察でいきましょう」と言われる場合もあります。経過観察だからといって、通院をストップするのは非常にもったいないパターン。あごが成長していく段階で定期的にお口のチェックをすることは、むし歯予防や歯並びの異常の早期発見にもなり、結果的に健康な歯につながります。

小児矯正をしておくと、将来的に成人矯正の必要性が減少することや、もし矯正治療をする場合でも短期で済むことが多いです。また、矯正治療スタートの適切なタイミングを見極められるのも大きなポイント。

お子様の歯並びについてご相談ください

小児矯正には、乳歯の時期の「Ⅰ期」、永久歯の時期の「Ⅱ期」がありそれぞれ矯正の目的が違います。歯が生える土台を整えることで、将来的な抜歯を防ぐことにもなるので、お子様の歯並びが気になる方は一度ご相談ください。

相模原古淵のみんなの歯医者では、無料カウンセリングを実施中。矯正がお子様のストレスになるかも、などのお悩みも是非お聞かせください。

診療のご予約・無料相談

相模原古淵の歯医者
みんなの歯医者:https://minnano-haisya.jp/

電話番号:042-707-4182


診療のご予約・各種治療のご相談は下記よりお気軽にご連絡ください。

無料カウンセリングフォーム

カテゴリー:小児歯科 , 矯正歯科

小児歯科 | 矯正歯科の最新記事

© みんなの歯医者