歯医者

顎関節症は歯医者で治る?相模原古淵の歯医者が解説

相模原古淵の矯正歯科、記事タイとる

あごに違和感を覚えるけれど、どこへ相談すればいいのかわからない・・・もしかするとその症状「顎関節症」かもしれません。放っておくと全身の不調につながることも。歯医者では、顎関節症の治療もできますのでぜひご相談を。今回は、顎関節症の原因と歯医者でできることについてお伝えします。

あごに違和感、顎関節症の原因・症状は?

あごに違和感を覚えたら、「顎関節症(がくかんせつしょう)」かもしれません。顎関節症は、「あごが痛む」「口が開かない」「あごを動かすと音がする」といった症状が代表的。そのために大きく口を開けられない、硬い食べ物を食べられないなど日常生活に支障をきたす場合があります。

顎関節症の主な原因として、歯ぎしりや食いしばりなどあごに負担がかかる行為や、悪い歯並びが考えられます。仕事や勉強中、無意識のうちに食いしばったりしていませんか。また、ストレスが原因で気づかないうちに噛みしめが癖になっていることも。口回りをリラックスするように心がけましょう。

顎関節症の相談は歯医者、もしくは口腔外科へ

顎関節症は、主に口腔外科や歯医者で治療することができます。個人差はありますが、あごの痛みや違和感だけでなく頭痛や肩こりが現れることも。あごの不調は全身に影響を及ぼしかねないので、異常を感じたら医師の診断を仰ぎましょう。

あごや口回りの筋に違和感を覚えた際、自分でできることとして「あまり噛まなくてよいものを食べる」「顔の緊張をほぐし、目を閉じ、上と下の歯をつけないようにリラックスする」「うつ伏せ寝は負担がかかりやすいため、仰向けで低い枕を使用する」「同じ姿勢を続けずに、ストレッチを心がける」などがあります。リラックスして、ストレスやあごへの負担を軽減することが何より大切です。

歯医者でできる顎関節症の治療は?

まず、噛み合わせが原因で顎関節症を引き起こしている場合は、噛み合わせの調整によって治療します。また、あご周辺の筋肉が緊張している場合はマッサージや薬の投与により筋肉をほぐして血流を改善します。顎関節のリラックスした状態を保つため、マウスピースによる治療もあります(スプリント療法)。

一方で、顎関節症の症状は改善できても根本にある原因を取り除かない限り再発します。たとえば、食いしばりや噛みしめが原因の場合、精神的ストレスが大きく関係しています。ストレスを緩和することが顎関節症治療の近道になることも。

あごの相談も歯医者へ

あごがダルい、痛みがある、口が開けられないなどの困った症状。相模原古淵の歯医者、みんなの歯医者では歯のことだけでなく、あごやお口回りのお悩みも相談できます。相模原古淵のみんなの歯医者では、無料カウンセリングも実施。あごの違和感に関するお悩みもぜひご相談くださいね。一緒に解決方法を探しましょう。

診療のご予約・無料相談

相模原古淵の歯医者
みんなの歯医者:https://minnano-haisya.jp/

電話番号:042-707-4182


診療のご予約・各種治療のご相談は下記よりお気軽にご連絡ください。

無料カウンセリングフォーム

カテゴリー:歯医者

歯医者の最新記事

© みんなの歯医者