一般治療 , 予防歯科 , 相模原古淵の歯医者

矯正治療中の口内炎の悩み。相模原古淵の矯正歯科

矯正治療中の口内炎の悩み。相模原古淵の矯正歯科

口内炎ができると、食事時や普段の生活でもテンションが下がってしまいますよね。矯正治療中の口内は、お口の中に器具を入れているためトラブルも起きやすい環境です。口内炎ができたら、まずは原因を考えて、歯科医師に相談してみましょう。

矯正治療中のできものの種類は?

一概に「口内炎」といってもさまざまな種類があります。たとえば、咀嚼中に誤って口内を噛んでしまった後にできる口内炎は「カタル性口内炎」といいます。同じように、矯正器具やマウスピースの端が口内に擦れてできる口内炎はこの種類に入ります。

また、疲労を感じたときやストレスによっても口内炎はできます(アフタ性口内炎)。丸く白っぽい口内炎ができたら、疲れの原因やビタミン不足を疑いましょう。そのほかにも、ウイルスやカビによるものなどがあり、口内炎のなかでも原因よって対処方法が変わってきます。

口内炎が発生しづらい環境を整えることも大切です。矯正治療中には、矯正器具のお手入れや飲食など、普段とは異なるストレスも感じます。バランスの良い食事や睡眠、清潔にするなど、生活習慣も歯並びと一緒に整えていきましょう。

矯正治療中の口内炎、対処法は?

上述のカタル性口内炎やアフタ性口内炎であれば、市販薬でも対応できます。薬局でよく見かけるのは軟膏タイプやシールタイプ、スプレータイプがあります。ただし、何度も口内炎がくり返しできる場合は、まずは原因を突き止めましょう。もしかすると矯正器具が合っていないかも、疲れの原因があるのかも、など思い当たることはありませんか。

口内炎の原因が思い当たらない場合や、改善しない場合は歯科医に相談を。市販薬よりも歯科での処方薬のほうが効果が期待できることも。また、ウイルスなどが原因ということも考えられます。甘く見がちな口内炎も、悪化すると入院することもあるので、普段と違うなと感じたら我慢せず、まずは歯科医師に相談してください。

お口のトラブルは見逃さないで、相談を

矯正治療中のお口のトラブルにはさまざまなものがあります。むし歯や歯周病、口臭、口内炎など、放っておくとさらなるトラブルにつながることも。気になることがあれば、遠慮なく歯科医師に相談を。

相模原古淵のみんなの歯医者では無料カウンセリングを実施中。矯正治療中の起こりうるお口のトラブルについてもご説明します。お気軽にご来院くださいね。

診療のご予約・無料相談

相模原古淵の歯医者
みんなの歯医者:https://minnano-haisya.jp/

電話番号:042-707-4182


診療のご予約・各種治療のご相談は下記よりお気軽にご連絡ください。

無料カウンセリングフォーム

一般治療 | 予防歯科 | 相模原古淵の歯医者の最新記事

© みんなの歯医者