インビザライン , 歯医者 , 矯正歯科

歯医者の「キーン」音が苦手。対処法はある?相模原古淵のみんなの歯医者

相模原古淵のみんなの歯医者

歯医者というと真っ先に思い浮かぶのはあの「キーン」という音。実は歯を削る音ではないことをご存知でしたか? さまざまな機械が活躍する歯医者で、あの「キーン」音はどこから出ているのでしょうか。今回は、苦手な人も多いあの音についてお話しします。

「キーン」音は歯を削っている音ではなかった

歯医者が嫌いな理由に、音が苦手という声をよく聞きます。特に、待合室でも聞こえる「キーン」という音は、歯の痛みとセットで記憶に染みついている人も多いのではないでしょうか?

実は、この「キーン」音、歯を削る音ではなく機械に送り込まれた空気は発する音。人間の歯は金属よりも硬いエナメル質で覆われています。むし歯の治療にはこのエナメル質を削るため、より硬い材質を使う必要があります。そこで使われるのが「ダイヤモンド」。

「エアタービン」という歯を削る機械は、先端にダイヤモンド粒子が付いた金属の棒が付いています。歯医者独特の「キーン」音は、このダイヤモンドの棒を空気のパワーで高速回転したときに出る音なのです。

現在は改良が重ねられ、以前より音は静かになっています。子どもの頃に「キーン」音が苦手になり、なかなか歯医者へ通う気にならなかった大人も、試しに行ってみてはいかがでしょうか。「思ったよりも静かだったな」と思うかもしれませんね。

音も削られるのも苦手。対処法はある?

歯医者で「キーン」音を聞くことのほかにガリガリと歯を削られる感覚や、ドッドッともはや何をされているかわからない振動が苦手という方もいますよね。「そういうのが苦手だから歯医者へ行かない」・・・のではなく、むし歯を早期に発見し軽い治療で済ませるためにも歯医者へ定期検診に通うことをおすすめします。

初期のむし歯であれば削らない治療や、薬品での治療、もしくは経過観察といった方法がとられることも。大切なのはむし歯や歯の異常を早く発見すること。そのために、歯医者に「通わない」ではなく「通う」選択も考えてみてくださいね。

治療中にどうしても音を聞きたくない場合は、イヤホンや耳栓の着用が認められることもあります。治療前に相談してみてください。

むし歯が進行する前に歯医者へ行こう

「歯医者=キーン=痛い」というイメージはいつからついたのでしょうか? 実際に治療を受けてみると「平気だった」と思うこともありますよね。むし歯が進行し削らざるをえなくなる前に、今の歯の状態を確かめに歯医者へ行きましょう。

相模原古淵のみんなの歯医者では無料カウンセリングを実施しています。歯に関するお悩みや、治療の際に心配していることなど、ぜひお聞かせくださいね。

診療のご予約・無料相談

相模原古淵の歯医者
みんなの歯医者:https://minnano-haisya.jp/

電話番号:042-707-4182


診療のご予約・各種治療のご相談は下記よりお気軽にご連絡ください。

無料カウンセリングフォーム

インビザライン | 歯医者 | 矯正歯科の最新記事

© みんなの歯医者