一般治療 , 相模原古淵の歯医者

歯医者で知覚過敏の治療はできるの?相模原古淵の歯医者がお答えします

相模原、古淵の矯正歯科、画像イメージ

冷たいアイスクリーム、熱い湯豆腐、知覚過敏だとツーンと歯がシミるのが怖いですよね。歯が痛くなる原因は、知覚過敏だけでなく虫歯の場合もあります。今回は知覚過敏の原因と、歯科医院・おうちでできるケアについてご紹介します。

エナメル質の摩耗が知覚過敏の原因に

歯は、エナメル質の層の下にやわらかい象牙質の層があります。知覚過敏は、さまざまな理由によりエナメル質が削れ、象牙質がむき出しになることにより、歯の内側の神経に刺激が伝わり痛みを感じるようになった状態を言います。

エナメル質が削れる原因として、食べ物や飲み物に含まれる酸によるもの、過剰な歯みがき、歯ぎしりなどが考えられます。また、歯周病や加齢による歯ぐきの後退によっても象牙質がむき出しになることがあり、これも知覚過敏の原因の1つです。

知覚過敏は、歯が外からの刺激に無防備な状態。食生活や日頃のケアで、痛みやシミるのを予防できる場合もあります。

知覚過敏?虫歯?まずは歯科医院で診断を受けましょう

知覚過敏の症状は人それぞれ。冷たい(熱い)食べ物がシミると感じる人もいれば、寒い季節の空気がシミるほどの人もいます。歯科医院で知覚過敏と診断されたらどのような治療方法があるのでしょうか。

知覚過敏の程度によりますが、歯科医院では「しみ止めの薬剤を塗る」「削れているところを詰め物でカバーする」治療が一般的です。最近ではレーザーを照射し症状を軽減させる治療法もあります。また、歯ぎしりが知覚過敏の原因の場合にはマウスピースを作製し、寝ている間の歯を保護することも。

歯がシミる症状は、知覚過敏のほかに虫歯の可能性も考えられます。まずは歯科医院で診断を受けるのがベスト。

おうちでできる知覚過敏ケア

知覚過敏と診断されたら、家でのお口のケアを見直してみましょう。よかれと思っていたことが、意外と歯の負担になっているかもしれません。たとえば、硬めの歯ブラシは歯が削れる原因の1つ。歯ブラシをやわらかめ~ふつうの硬さに変える、歯を磨くときの力加減を抑えるなど歯への負担を減らしましょう。

また、市販の知覚過敏用の歯磨き粉を使用したり、日中に噛むガムはキシリトールガムにしたりすることも知覚過敏の改善につながります。日常で使うアイテムを知覚過敏用に変更するだけなのでお手軽な方法ですね。

ストレスを感じている人は、歯を食いしばる癖がないか見直してみましょう。無意識に歯に負担をかけてしまっているかも。

知覚過敏のストレスを減らしたい!まずは相模原古淵のみんなの歯医者にご相談を

常にお口のケアには気をつけていても、知覚過敏にはなります。目に見えるお口の変化はないものの、飲食時に歯がシミるのはストレスですよね。まずは歯科医院で診断を受け、治療にかかりましょう。相模原古淵のみんなの歯医者では無料カウンセリングを行っています。知覚過敏かも、と思ったらお気軽にご相談くださいね。

診療のご予約・無料相談

相模原古淵の歯医者
みんなの歯医者:https://minnano-haisya.jp/

電話番号:042-707-4182


診療のご予約・各種治療のご相談は下記よりお気軽にご連絡ください。

無料カウンセリングフォーム

一般治療 | 相模原古淵の歯医者の最新記事

© みんなの歯医者