矯正治療

矯正治療を途中でやめたい、相模原古淵の矯正歯科が解説

相模原の矯正歯科、みんなの歯医者

歯列矯正を始めたけれど途中で挫折しそうだったり、子どもが矯正治療をやめたがっていたり、どうすればいいの?と悩んでいませんか。矯正治療を途中でやめると、一時的な開放感がありますがやめたことを後悔するかもしれません。今回は、治療をはじめる前に知っておきたい「矯正治療を途中でやめるとどうなるか」を解説します。

矯正治療を中断することはできるのか

矯正治療を途中でやめる理由として、「何年も治療を続けても結果が出ない」「精神的に苦痛」「身体的な負担がある」ことが挙げられます。また、転居やライフスタイルの変化を理由に中断することも。長期間にわたる矯正治療において不安なことや気になることがある場合は、独断で矯正治療を中断する前にまず担当医に相談を。

たとえば長期の留学や出張で、どうしても矯正治療を中断せざるをえない場合は、治療を一時中断し再開することもできます。担当医と相談のうえで治療の一時中断を決め、歯の後戻りを防ぐ装置(リテーナー)を付けます。マウスピース矯正の場合、リテーナーは中断の間同じものを使い続けることになります。そのため、普段以上にお手入れに気をつけなければなりません。また、矯正治療をいったん止めることで、本来の計画よりも仕上がりが悪くなるリスクもあります。

治療を中断した場合、費用は基本的には「実際に行った治療分のみ」ですが、契約内容は歯科医院によって異なるので事前に確認しておくのがよいでしょう。

歯への影響はあるのか

矯正治療を途中でやめた場合の最大のデメリットとして「歯並びが後戻りする」「噛み合わせが中途半端なままで終了する」ことが挙げられます。見た目が整ってきたために「もういいかな」と思って中断した場合は後悔につながります。

中断したときに見た目が整っていても、歯は元の位置に戻ろうとします。時間が経つと、歯並びが乱れ、それまでの矯正治療が台無しになることも。歯へのリスクや費用面で考えても矯正治療を途中でやめることはおすすめできません。

矯正治療をはじめる場合は治療をやりきるつもりで

長期間にわたる矯正治療。途中でやめたくなったり、最後まで治療する自信がなくなったりするかもしれません。矯正治療をはじめるなら最後までやりきることが何より大切です。矯正治療の不安や、費用のご相談なら無料カウンセリングへお越しください。相模原古淵のみんなの歯医者は、みなさんの矯正治療を最後まで応援します。

診療のご予約・無料相談

相模原古淵の歯医者
みんなの歯医者:https://minnano-haisya.jp/

電話番号:042-707-4182


診療のご予約・各種治療のご相談は下記よりお気軽にご連絡ください。

無料カウンセリングフォーム

カテゴリー:矯正治療

矯正治療の最新記事

© みんなの歯医者