一般歯科治療General Dentistry

歯周病治療

歯周病治療

歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、歯を支えている骨を溶かしてしまう病気です。歯周病になると歯がぐらつき、歯茎から膿が出てきます。最悪の場合、歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。
歯周病は早期発見と予防が重要です。下記のような症状がある方は、お早めにご来院下さい。また症状に該当しない方も、定期的な検診をおすすめします。

歯周病の発生

痛みの少ない治療

  • ・朝起きた時、口の中がネバネバする
  • ・ブラッシング時に出血する
  • ・口臭が気になる
  • ・歯肉がむずがゆい、痛みがある
  • ・歯肉が赤く腫れている(健康的な歯肉はピンク色でひきしまっている)
  • ・かたい物が噛みづらい
  • ・歯が長くなったような感覚がある
  • ・以前に比べて歯と歯の間にものがはさまりやすくなった

全身疾患との関係

歯周病が怖いのは歯を失うだけでなく、心臓病や糖尿病などの全身疾患にも悪影響を与える点です。

歯周病は自覚症状が少なく、気付いたときには手遅れになっている場合もあります。何か違和感を覚えた際は、定期健診を受けられることをおすすめします。

全身疾患との関係

相模原・古淵の矯正歯科、一般歯科治療、訪問診療 相模原・古淵の矯正歯科、一般歯科治療 みんなの歯医者