矯正治療

矯正治療

矯正においても様々な治療法をご用意しています。
矯正を行うことで、審美的な改善や体全体への健康に繋がっていきます。

小児矯正

小児矯正

矯正は、大人になってからでも可能ですが、子どもの頃から行うことで理想的な治療ができます。
その理由は、大人の場合、顎骨の成長が終わってしまっているため、歯を動かすだけの矯正になってしまいますが、子どもの場合、顎の成長をコントロールしながら矯正を行うことができるからです。

成人矯正

成人矯正

成人矯正で最も重要なことは噛み合わせです。
噛み合わせが悪いと肩こりや頭痛、腰痛、膝痛など体の様々な部分に影響を及ぼします。
噛み合わせが改善されることで、今までは歯ブラシが届かなかった部分まで磨くことができ、むし歯や歯周病の予防が容易になります。さらに、食べ物をよく噛んで食べるようになり、消化や吸収を助け、内面からも健康になります。

部分矯正

部分矯正とは歯並びが悪い一部分の歯に矯正装置を付け、かみ合わせや歯並びを改善する治療法です。全体的に行う矯正治療と比較して、部分矯正は違和感や治療期間、費用などを低く抑えることができます。しかし、上下できちんと噛ませることは難しいため、前歯の凸凹や隙間などかみ合わせに大きな影響を与えない治療を行います。

床矯正

床矯正とは取り外しの装置を使用し、歯を抜かずに行う矯正のことです。
矯正治療では、歯が顎の大きさに比べて大きく、並びきれないため、歯並びを良くするように永久歯を抜歯するケースがありました。
しかし、実際は抜歯をしなくても綺麗な歯並びにすることは可能です。
特に成長期のお子さんは、床矯正装置の歯を動かす力とお子さん自身の噛む力によって、バランスの取れた健全な顎の発育が期待できます。したがって、床矯正は成長期のお子さんにより効果がある矯正法といえます。

ブラケット

ホワイトブラケット

ホワイトブラケット

矯正器具というと金具が見えてしまい、見た目が気になるという方も多いと思います。
このホワイトブラケットは、金属を使用しておらず、セラミックやプラスチックで出来ているため審美性に大変優れています。

特殊な矯正

マウスピース型矯正(インビザライン)

マウスピース型矯正(インビザライン)

インビザラインは、3D画像システムによる診断で、患者さん個々に合わせたマウスピースを作成します。ワイヤーやブラケットを使用していないため、粘膜への痛みや刺さる痛みがありません。
また、従来の矯正装置と違い、取り外しが容易なため、メインテナンスもしやすく、装置にプラークが沈着せずに、健康な口腔内を保つことができます。

インビザラインオフィシャルサイトはこちら ▶

インプラント矯正

通常、矯正を行う場合、歯と歯を引っ張り合うため双方の歯が移動してしまいますがインプラント矯正の場合、インプラントから歯を引っ張るため動かしたい歯を選択することが可能になります。また多くの歯を同時に移動させることができるため、治療期間も短縮されます。