よくある質問

一般歯科についてのよくある質問

虫歯があるのですが、痛くありません。今は忙しいので、このまま放置していても大丈夫でしょうか?
虫歯には『自然治癒』がありません。放置しておくと虫歯は進行していき、治療も難しくなります。
時間も費用もかかってきてしまうので『虫歯かな?』と思った時に早めに治療をしましょう。
歯周病とはどんな病気ですか?治療して治りますか?
歯茎の病気です。プラーク(歯垢)や歯石が原因で歯茎の炎症がおこり悪化すると歯を支えている骨が溶け出して最後には抜けてしまいます。完全に完治はできませんが、ブラッシングや治療で進行を止めることはできます。
毎日の予防対策と定期検診でのクリーニングが重要になります。
毎日歯ブラシをしているのに虫歯がすぐできてしまうのは何故ですか?
歯ブラシだけでは60%の汚れしか取れていません。フロスや歯間ブラシを使用する事で90%の汚れが取れると言われています。しかしこれでも届かない部分、歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)の汚れ等は定期的なクリーニングが必要です。
口臭対策として1番効果的なのはどのようなことですか?
口臭は誰にでもあるものです。特に朝起きた時や空腹時は気になります。歯磨きはもちろん、舌も磨いてみるのもいい方法です。今は舌を磨くブラシなども市販されてます。使用方法を歯医者さんで指導してもらい、使用してみるのがおすすめです。
マウスピースをつけると歯ぎしりを防げるのですか?
残念ながらマウスピースは根本的な治療方法にはなりません。
歯ぎしりや、くいしばりをした時にすり減ってしまう歯を守る役割があります。一般的に上の歯に装着するプラスチック製のマウスピースを就寝時に装着します。
フッ素の効果について教えてください。
主な効果は、
①表面(エナメル質)を強化して、虫歯になりにくい歯を作ります。
②歯の再石灰化、つまり虫歯によって溶けてしまった表面を元の状態に戻します。
③細菌の活動を抑制します。
当院では予防効果の高い高濃度(12.300ppm)のフッ素を使用しています。
普通の歯ブラシと電動歯ブラシはどちらがいいのですか?
電動歯ブラシだからと言って必ずしもきれいに磨けるとは限りません。
普通の歯ブラシでも磨き方によっては大変きれいに磨けます。しかし最近では電動歯ブラシでも音波の振動で歯垢を除去できる優れた商品があります。これらをうまく使うことは虫歯、歯周病予防の上で大変有効ではあります。

矯正治療についてのよくある質問

子供の歯並びは何歳頃から治療したらいいですか?
歯並びの治療開始時期は生え変わりやその症例の状態によって違うので一概には言えません。
しかし、すぐに治療を開始するかどうかは別にして、成長発育を利用することによって無理なく治療を行うことができる場合もありますので、前歯の生え変わる6歳頃に矯正相談を受けられるのがよいでしょう。
矯正治療中は歯が痛くなりますか?
使用する装置によっても違いはありますが、多少の痛みは伴います。
しかしその痛みは、装置をつけたり調整をした日から1週間弱で収まるのが普通で、ずっと続くものではありませんが、あまりにも痛いようであれば鎮痛剤が効くので、主治医にご相談ください。
矯正治療で歯を抜くこともありますか?
一本一本の歯はとても大切なものですが、歯の数が多くてもかみ合わせの状態がよくない場合より、歯の本数が少なくてもかみ合わせが良好な方が、歯の健康は維持がしやすくなります。
抜歯をした方があごの骨に無理なく歯並びを治すことができるような場合には、やむを得ず抜歯することがベターと判断されるケースもあることは考えておいた方がよいでしょう。
矯正治療中に虫歯ができた場合は?
虫歯ができた場合は、虫歯の治療を優先して行います。
その間は矯正治療は中断となるので、その分、治療期間が延びることになります。
矯正治療中はそれまで以上に丁寧なブラッシングを心がけましょう。
成人矯正に年齢は関係ありますか?
歯周病などがひどく、歯を動かすことができないようなケース以外は、年齢問わず矯正治療は可能です。
差し歯やブリッジがあっても、健康な歯根であれば普通に治療が受けられます。
矯正治療に健康保険はきかないのですか?
基本的には健康保険は適用されません。
ただし、厚生労働大臣が定める疾患が原因となっているかみ合わせの異常については保険の適用になります。
また、矯正治療に加えてあごの骨の離断などの手術を必要とする顎変形症の場合には、指定を受けた医療機関に限り健康保険が適用されます。

相模原・古淵の矯正歯科、一般歯科治療、訪問診療 相模原・古淵の矯正歯科、一般歯科治療 みんなの歯医者