診療について

お口のお悩み解決します

インプラント治療

無痛インプラント治療

インプラント専門医が治療を行います。安全で最適な治療を提案いたします。

矯正治療

矯正治療

小児矯正、成人矯正、部分矯正、床矯正など、様々な方法での矯正治療に対応しています。

審美治療

審美治療

審美治療は患者さんのお口の健康と美しさを保つための様々な治療をご用意しています。

むし歯治療

むし歯の発生は、ミュータンス菌と呼ばれる菌や個々の歯質(歯の強さや唾液の力)、また糖分の摂取量や歯磨きまでの時間などが主な原因となり、これらが重なり合うことで、むし歯が発生します。初期段階の場合、自覚症状が少なく、進行するにつれて痛みを伴います。

むし歯の進行

痛みの少ない治療

患者さんの中には、痛みや違和感を覚えても、治療の際の痛みが苦手なために歯科医院から足が遠のいてしまう方も少なくないと思います。治療の痛みが苦手な患者さんのために表面麻酔や電動麻酔器を使用して、なるべく痛みの少ない治療を行っています。

表面麻酔

浸潤麻酔を行う前に、皮膚や粘膜表面の感覚を和らげます。注射を挿す時の痛みを軽減することができます。

電動麻酔器

電動麻酔器麻酔液の注入に細い針を使用しておりますので、刺した時の痛みを最小限に抑えられます。
また、機械による一定の圧力で麻酔液を注入するため、ゆっくりと少ない痛みで注入できます。

歯周病治療

歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、歯を支えている骨を溶かしてしまう病気です。歯周病になると歯がぐらつき、歯茎から膿が出てきます。最悪の場合、歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。
歯周病は早期発見と予防が重要です。下記のような症状がある方は、お早めにご来院下さい。また症状に該当しない方も、定期的な検診をおすすめします。

歯周病

歯周病の自覚症状

  • 朝起きた時、口の中がネバネバする
  • ブラッシング時に出血する
  • 口臭が気になる
  • 歯肉がむずがゆい、痛みがある
  • 歯肉が赤く腫れている(健康的な歯肉はピンク色でひきしまっている)
  • かたい物が噛みづらい
  • 歯が長くなったような感覚がある
  • 以前に比べて歯と歯の間にものがはさまりやすくなった

全身疾患との関係

全身疾患との関係歯周病が怖いのは歯を失うだけでなく、心臓病や糖尿病などの全身疾患にも悪影響を与える点です。
歯周病は自覚症状が少なく、気付いたときには手遅れになっている場合もあります。何か違和感を覚えた際は、定期健診を受けられることをおすすめします。

CTの活用

CTCTを使用した精密な診断を行う場合がございます。歯周病は、進行度によっては歯の骨が破壊される病気です。CTを使用することにより、骨の状態をより明確に確認・診断することができます。
また骨の状態により、歯のおおよその寿命の積算ができるため、予知性の高い治療が可能になります。

予防歯科

むし歯や歯周病の予防には、定期的なメインテナンスが必要です。
メインテナンスには患者さん自身のセルフケアとプロの歯科衛生士が行うプロフェッショナルケアがあります。

セルフケア

セルフケアセルフケアで重要なのは正しいブラッシングです。
正しく磨けているつもりでも、実は磨き残しがあることが少なくありません。
スタッフがきちんとした歯ブラシの選び方や磨き方の指導をさせていただきます。

プロフェッショナルケア

歯科衛生士が行う「フッ素塗布」で、患者さんの口腔内をより清潔に、健康に保ってまいります。

フッ素塗布

フッ素塗布フッ素にはむし歯に強い歯を作る性質を持っています。
フッ素を塗ることで、歯質を強化し、むし歯になりにくくします。

小児歯科

小児歯科子どもの頃に歯医者さんで恐怖心を覚えると、その後、歯医者さんに行くのが苦手になってしまうケースが少なくありません。子どもの頃から、歯医者さんは決して怖い場所ではなく、お口や体全体の健康を守る上で大切な治療であること、歯科医院は楽しい空間でもあることを分かりやすくお伝えしていくように努めています。
決して、無理な治療は行わず、お子さんの目線に立ち、ゆっくり治療を進めていきます。

治療前にリラックス

キッズスペースの写真 院内写真 おむつ替えシート

お子さんには、来院を楽しみに思ってもらえるよう、また治療前になるべくリラックスしてもらえるように、充実したキッズスペースを設けています。常勤している保育士がお子さんの安全を見守っていますので、親御さんも安心してお子さん連れでご来院ください。
ユニットサイドまでベビーカーで入室が可能になっています。おむつ替えシートもご用意しているため、もしもの時も安心です。

痛みの少ない治療

実際に治療が始まると治療の音や痛みに恐怖を覚えてしまうことがあります。
無理な治療はせず、お子さんの目線に立ち、ゆっくりと治療を行っていきます。

ブラッシング指導

治療後は、お子さんに正しいブラッシングの指導を行います。
始めは口の中を触られることになれるように、徐々に歯ブラシを口に入れる習慣付けていきます。大人が大丈夫だと思っても、子どもは痛い思いをすること嫌がりますので、特に粘膜などはソフトにゆっくりと行っていきます。
子どもが自分自身で歯磨きをやりたがる時は、大人が手を添えて磨きながら、歯磨きが楽しいものであるという気持ちを大切に育てていきます。